最新のお知らせ

NEWS

太陽光発電とは?

太陽光発電(Photovoltaics、Solar photovoltaics、略してPVとも)は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。ソーラー発電、大規模な太陽光発電所はメガソーラーとも呼ばれ、再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。(Wikipedia)

太陽光発電のメリット

  • 屋上に設置できるため、専用の敷地を必要としない。
  • 需要地に近接設置が可能で送電コストや損失を最小化できる。
  • 蓄電池の利用で、非常用電源となりうる。
  • 運搬・移動に適した小型製品がある。
  • 他の発電方式と比較し設置制限が少ない。
  • 建築物の屋根や壁面に設置でき土地を占有せずに設置可能。
  • エネルギー自給率を向上させる。
  • 稼働に化石燃料を必要とせずエネルギー安全保障上で有利。
  • 発電時に温室効果ガスを排出せず設備製造等での排出も比較的少ない。

沿革

当社は昭和53 年(1978年)に創業し不動産の開発事業(香川県知事(9)特2574号)を経て、現在では高松中心部にテナントビル物件、ビジネスホテル、駐車場、倉庫などを保有しつつ、お客様のニーズに合った土地活用をご提案し事業活動を行っています。
また、事業の多角化により平成25年(2013年)10月より 再生可能エネルギーの普及や導入に向けた取り組みとして、太陽光発電事業を開始し、現在31メガの自社太陽光が稼働している。太陽光発電事業を実施するに至り、自社の施設管理だけではなく周辺のサービスである電気工事事業や設備のメンテナンス業務を事業化し幅広く対応することで、顧客を獲得しノウハウを蓄積し、主事業である不動産開発事業に加えて、売り上げを拡大させまいりました。

当社の主な保有施設

佐世保発電所 広さ 40,000㎡
サンライフ第13発電所 広さ 35,000㎡
サンライフ第2発電所 広さ 30,000㎡
財田発電所A 広さ 42,000㎡
財田発電所B 広さ 32,000㎡
サンライフ第5発電所 広さ 52,000㎡
神田発電所 広さ 31,000㎡
0 kwh
月間発電所量
0 MW
日生グループ所有全体発電所
0
保有パネル総面積